国産大豆の自給率

【国産の大豆の自給率ってご存知ですか?】

平成25年の大豆の自給率なんと6%です

つまり日本に出回っている大豆で国産のものがたったの6%。

図1-2-3 我が国の品目別自給率の推移

需要量が301万tに対して
国産大豆の生産量は約20万t、輸入大豆が約281万tだそうです。

また需要量約301万tの用途ですが、

製油(サラダ油などの原料)となるものに使われているのが約207万tで食品用に使われているのが94万tなのだそうです。

国産の大豆はすべて(約20万t)が食品用で使われているので
食品用の自給率は21%という風に農水省のHPに書かれています。

参考)農林水産省 大豆のまめ知識

そして

国産大豆の中のJAS有機認定を受けたものに限ると
(こちらは平成24年度のデータなのですが)

国産大豆総生産量236,000t(平成24年度)に対して1,306 t

つまりJAS有機の大豆の自給率はなんと0.55%だそうです。

ただウチのように有機認定をとっていない無農薬農家もいるでしょうから実質的には少し%が上がるとは思いますがこの程度です。
(※JAS有機認定だからといって無農薬とは限りませんが。。。)

参考)農林水産省 平成24年度 認定事業者に係る格付実績

これを見ても分かるように無農薬の国産大豆は超貴重なんですよね~

ウチの「借金なし大豆」は「国産」「在来種」大豆
当然、無農薬・無化学肥料
自家採種3年目の大豆です!

 

国産無農薬 秩父在来種「借金なし大豆」以下よりご購入いただけます。